FC2ブログ

ロンドン・ヒースロー空港 ターミナル5 コンコルド・ルーム

日光だとか大洗だとか両国だとか、脱線が続きました。場末のブログとはいうものの
ここで一旦、本来の記事へ戻します。

リバプールでお仕事を終えて、ロンドンでのご褒美ステイです。
そして、ご褒美の締めは、コンコルドルームとBA firstです。

余談ですが、ペニンシュラ東京の「ごほうびマンゴープリン」は、大きさも
素敵ですが、「ごほうび」という名前も素敵です。自分に甘いワタクシには
何よりの癒しです。

さて、本題のLHR T5 Concorde Roomです。前回記事はこちらです。

まずはご報告から。
10年来の宿題となりました、ラウンジに併設されたエレミス・トラベル・スパ
なのですが、事前の予約が無かったため、マッサージチェアの利用を勧められました。

とりあえず不自然な笑顔で”It sounds good, but...”を絞り出し、その場を離れました。
ワタクシ油断していました。また、行きましょう。
s-DSC02345.jpg 
それよりも、コンコルドルームの中が、とにかく素敵でした。
s-DSC02346.jpg 
家具も照明も素敵です。その配置も雰囲気も素敵です。
s-DSC02348.jpg 
T5の大ガラス窓がだいすきです。
s-DSC02350.jpg 
そして、実に素敵なベランダでした。
s-DSC02352.jpg 
ベランダから、出発フロアを見渡せます。左のリンク先は、ワクワクしながら乗った
初めての大西洋路線の記事です。あっという間の10年でした。
s-DSC02359.jpg  
ラタンのデイベッドに横たわり、置き物のようになって、ぼんやりと
過ごしました。
ワタクシの少ない経験ではありますが、いままで利用したことのある
空港ラウンジの中で、最もリラックスした時間を過ごすことができたのが、
このデイベッドでした。
s-DSC02369.jpg 
雨風の心配もありません。外にはだいすきな飛行機が、うじゃうじゃいます。
室内とはいえ、デイベッドで仰向けになっても、英国最大容積を誇る建築物である
T5は、天井が高く開放的です。
s-DSC02365.jpg

周囲の視線も、前か上へ行きますので、とてもリラックスできます。
s-DSC02364.jpg 
「プライベートダイニングブース」
人目を気にせず、食事ができます。朝からシャンパンをいただきました。
朝寝、朝酒、朝湯ということは、リアル小原庄助さんですね...。
s-DSC02353.jpg s-DSC02354.jpg s-DSC02355.jpg  
Fresh fruits salad
s-DSC02357.jpg 
Concorde egg benedict
s-DSC02358.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)

Author:Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)
場末のブログへようこそ。
旅日記ときどき買い物日記のブログです。
ワタクシ、飛行機を見るとワクワクします。お酒と雰囲気に呑まれます。美味しいものと楽しいことが大好きです。

近況報告です。
@koropan_swim

旧ブログ(2008~2013)です。
"FFP&FSPが気になるお年頃でして...。

検索フォーム