FC2ブログ

神戸-関空ベイ・シャトル

場末のブログへようこそ。

ヘトヘト日帰り関西の続きです。
今回は神戸でお仕事だったので、素直にスカイマークで帰京すればよいのですが、それでは物足りません。そこで、ずっと気になっていた「神戸-関空ベイ・シャトル」に乗って、関空から帰京することにしました。

神戸ポートピアホテルです。ワタクシ、ここへ来るたびに、駆け出しの頃の記憶が呼び戻されて気持ちが昂ります。あの頃の未来にワタクシは立っているのでしょうか...。
s-0912.jpg

そして、その機序は不明ではありますが、昂ぶりが食欲に昇華されます。
2階のダイニングカフェです。自家製のフォカッチャが美味しくて、ついつい欲張ってしまいます。
s-0915.jpg

さて、市民広場駅からポートライナーで神戸空港へ向かいます。
s-0917.jpg

市民広場駅から神戸空港駅までは3駅です。
s-0918.jpg

神戸空港駅でポートライナーを降りて、「関空ゆきベイシャトル連絡バスのりば」を目指します。
s-0927.jpg

「関空ゆきベイシャトル」の表示は途切れることなく続いており、迷うことはありませんでした。
s-0929.jpg

屋外へ出ます。
s-0931.jpg

s-0932.jpg

ここが海上アクセスターミナル行きのバス乗降場所です。
s-0934.jpg

ワタクシ、あえて歩いてみました。駐車場を縦断しました。
s-0935.jpg

電柱の右側に見える建物が、ベイシャトルのターミナルです。
s-0938.jpg

ターミナルの裏手に桟橋がありました。
s-0940.jpg

ターミナル正面入り口を入って右手にチケット売り場がありました。
確実に乗船するための予約をすすめる案内が掲示されていました。
ワタクシは予約していませんでしたが、無事乗船することができました。
s-0941.jpg

s-0944.jpg

乗船時間になりますと、桟橋へのドアが開放されました。
s-0946.jpg

s-0948.jpg

s-0949.jpg

乗船率はおおむね60%くらいだったでしょうか。
s-0950.jpg

神戸を離れます。
s-0951.jpg

途中、何隻もの船と行違いました。往来の多さのお陰で、船窓に退屈することがありませんでした。
s-0958.jpg

いよいよ関空です。
s-0959.jpg

s-0960.jpg

ターミナルビル行きのバスに乗り換えます。
s-0967.jpg

s-0968.jpg

s-0971.jpg

s-0972.jpg

関空第1ターミナルビルの4階に着きました。
ただし、連絡バス乗り場は1階(国際線到着フロア)の12番バス停とのことです。
s-0974.jpg

関空へ到着しました。
まぁ、なんて誰得というか屋上屋な記事でしょうか...。
お付き合いいただきありがとうございました。
s-0978.jpg
スポンサーサイト



大阪国際空港 JALダイヤモンド・プレミアラウンジ(改修前)

場末のブログへようこそ。

忘れたころにやってくる、ヘトヘト日帰り大阪出張の続きです。
なお、本記事は伊丹空港ラウンジ改修前(2019年1月)の情報を含みます。
ワタクシ自身の記憶の整理もありますので、なにとぞご容赦くださいませ。

さあ、お仕事をやっつけましたので急いで帰ります。
前回は新阪急ホテルから伊丹空港行きのバスに乗りましたが、今回は
大阪丸ビルから乗りました。こちらの方が、運行本数が多いようです。
s-0386.jpg

「そらやん」さんです。
1月の寒空の下、お疲れ様です。とても輝いておられました。
s-0389.jpg

s-0390.jpg

よしもとエンタメショップをちらっとのぞいてから、美々卯(大阪空港店)へ。
s-0398.jpg

日本航空138便は伊丹発羽田行きの最終便です。
s-0387.jpg

2019年3月に完了した改修工事が終わる前でした。
s-0397.jpg

仮設のリフレッシュラウンジ。なるほど、衝立と観葉植物で囲ったスペースに
ソファを置いたわけですね。「待合い場所」に必要な要素を再確認できました。
s-0399.jpg

いつものサクララウンジがダイヤモンド・プレミアラウンジに
なっていました。
s-0401.jpg

ここにくると、ワタクシの心の中に「ああ、今日も無事に終わったわぁ」という
安心感が芽生えます。次に来るときには、違うラウンジになっているのかと思うと
ちょびっとですが、寂しい気持ちになりました
s-0402.jpg

おみやげを持って、とぼとぼとゲートへ向かいました。
忘れたころにやってくる日帰り大阪出張、宿泊出来たらいいのになぁ...。
人手不足が課題だと再確認しました。
s-0403.jpg

ロンドン・ヒースロー空港 ターミナル5 コンコルド・ルーム

日光だとか大洗だとか両国だとか、脱線が続きました。場末のブログとはいうものの
ここで一旦、本来の記事へ戻します。

リバプールでお仕事を終えて、ロンドンでのご褒美ステイです。
そして、ご褒美の締めは、コンコルドルームとBA firstです。

余談ですが、ペニンシュラ東京の「ごほうびマンゴープリン」は、大きさも
素敵ですが、「ごほうび」という名前も素敵です。自分に甘いワタクシには
何よりの癒しです。

さて、本題のLHR T5 Concorde Roomです。前回記事はこちらです。

まずはご報告から。
10年来の宿題となりました、ラウンジに併設されたエレミス・トラベル・スパ
なのですが、事前の予約が無かったため、マッサージチェアの利用を勧められました。

とりあえず不自然な笑顔で”It sounds good, but...”を絞り出し、その場を離れました。
ワタクシ油断していました。また、行きましょう。
s-DSC02345.jpg 
それよりも、コンコルドルームの中が、とにかく素敵でした。
s-DSC02346.jpg 
家具も照明も素敵です。その配置も雰囲気も素敵です。
s-DSC02348.jpg 
T5の大ガラス窓がだいすきです。
s-DSC02350.jpg 
そして、実に素敵なベランダでした。
s-DSC02352.jpg 
ベランダから、出発フロアを見渡せます。左のリンク先は、ワクワクしながら乗った
初めての大西洋路線の記事です。あっという間の10年でした。
s-DSC02359.jpg  
ラタンのデイベッドに横たわり、置き物のようになって、ぼんやりと
過ごしました。
ワタクシの少ない経験ではありますが、いままで利用したことのある
空港ラウンジの中で、最もリラックスした時間を過ごすことができたのが、
このデイベッドでした。
s-DSC02369.jpg 
雨風の心配もありません。外にはだいすきな飛行機が、うじゃうじゃいます。
室内とはいえ、デイベッドで仰向けになっても、英国最大容積を誇る建築物である
T5は、天井が高く開放的です。
s-DSC02365.jpg

周囲の視線も、前か上へ行きますので、とてもリラックスできます。
s-DSC02364.jpg 
「プライベートダイニングブース」
人目を気にせず、食事ができます。朝からシャンパンをいただきました。
朝寝、朝酒、朝湯ということは、リアル小原庄助さんですね...。
s-DSC02353.jpg s-DSC02354.jpg s-DSC02355.jpg  
Fresh fruits salad
s-DSC02357.jpg 
Concorde egg benedict
s-DSC02358.jpg

ロンドン・ヒースロー空港 ターミナル5 ザ・ファースト・ウィング

ご褒美ロンドンステイも、ついに最終日となりました。
後ろ髪を引かれる思いで、The Berkeleyをチェックアウトしてタクシーで
ヒースロー空港へ向かいました。 

タクシーを降りて、T5に入ります。
s-DSC02325.jpg 
T5へ入る前に、ロンドンの空を見上げました。なんだか切ない気持ちになりました。
s-DSC02327.jpg 
さて、気持ちを切り替えまして、BA firstでのお楽しみフライトです。
s-DSC02328.jpg 
ブリティッシュエアウェイズ7便は東京・羽田空港行きです。
The first wingへ向かいます。s-DSC02329.jpg s-DSC02330.jpg 
T5に入って、右手へどんどん進みますと...。
s-DSC02331.jpg 
見えてきました。s-DSC02332.jpg 
そして、開口部から中へ入りますと...。 s-DSC02334.jpg 
ずらりとカウンターが並んでいました。旅行雑誌の広告から切り抜いてきたような
清潔感のある女性の地上職員さんに迎えられてのチェックインでした。
適切な声量やスピード、そして聞き取りやすい明快な言葉遣いは、大切なおもてなしで
あることに、あらためて気がつきました。
s-DSC02335.jpg 
専用のセキュリティレーンを通ると、長い廊下に出ました。
s-DSC02336.jpg 
出口が見えてきました...。s-DSC02337.jpg 
ここから出てきますと...。
s-DSC02339.jpg 
なるほど、ここに出てくるのですね。s-DSC02340.jpg 
ついたての向こうが、The first wingからの出口でした。s-DSC02341.jpg 
今回はコンコルドルームを利用するため、ここは通り過ぎます。
s-DSC02342.jpg 
案内板にしたがって奥へ進みますと、コンコルドルームのエントランスです。
s-DSC02343.jpg

YouTubeに、公式の動画を見つけました。

マンチェスター空港 ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブラウンジ

マンチェスターからロンドン・ヒースローへ移動しました。

イギリス・マンチェスター空港のターミナル3ですが、
ターミナル1や2と比較して、コンパクトにできています。

ターミナル3には、3つのラウンジがあります。
今回は、ブリティッシュエアウェイズのエグゼクティブラウンジを利用しました。

エレベータでラウンジのあるフロアへ。
s-DSC02207.jpg 
マンチェスター空港は利用旅客数が、英国で3番目に多い空港とのことでした。
s-DSC02209.jpg 
御覧の通り、ドーナッツを半分に切ったような形のラウンジです。
雰囲気や内装から、LHR・T5のBAラウンジを思い出しました。とても素敵なラウンジです。
s-DSC02208.jpg 
受付を通り過ぎると、手前にパンやコーヒーマシンがあり、奥に冷蔵庫やお酒があります。
午前出発ですので、今回はシャワールームを利用しませんでした。
s-DSC02210.jpg s-DSC02211.jpg 
午前10時ごろの様子です。
s-DSC02212.jpg 
s-DSC02213.jpg 
朝ご飯をたべてから、ゲートに向かいました。
s-DSC02214.jpg

利用する時間帯もあるとは思いますが、落ち着いた居心地の良いラウンジでした。
他のお客さんのことも、まったく気になりませんでした。
暖かい麺類とか、かっこいい音楽や豪華なカバナはありませんが、ワタクシは
このラウンジがだいすきになりました。

プロフィール

Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)

Author:Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)
場末のブログへようこそ。
旅日記ときどき買い物日記のブログです。
ワタクシ、飛行機を見るとワクワクします。お酒と雰囲気に呑まれます。美味しいものと楽しいことが大好きです。

近況報告です。
@koropan_swim

旧ブログ(2008~2013)です。
"FFP&FSPが気になるお年頃でして...。

検索フォーム