FC2ブログ

スミソニアン国立航空宇宙博物館 スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター (スペースシャトル・ディスカバリー)

場末のブログへようこそ。

米国ワシントンD.C.郊外、ワシントン・ダレス国際空港に隣接するスミソニアン国立航空宇宙博物館別館であるスティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター(Steven F. Udvar-Hazy Center)です。
ここには、一般の博物館なら主役級であろう収蔵品が目白押しで展示されています。
以前ご紹介しましたコンコルドもその一つです。また、旧日本軍航空機やB-29 Enola Gayも展示されています。

その中でも特に目を引くのが、スペースシャトル・ディスカバリーです。

国の威信をかけた大事業を成し遂げた英雄の迫力とでも言いましょうか、星条旗を背にしたディスカバリーからある種のオーラを感じました。
s-DSC06067.jpg

s-DSC06068.jpg

大気圏突入時の高温で焼け跡がついた耐熱タイルは生々しく、ディスカバリーの旅がどれほど過酷であったのかを想像させます。
s-DSC06069.jpg

25000枚の耐熱タイルを、ミッション毎に手作業で点検・補修を行ったとのこと。
s-DSC06070.jpg

s-DSC06072.jpg

s-DSC06073.jpg

s-DSC06074.jpg

s-DSC06075.jpg

s-DSC06076.jpg

s-DSC06077.jpg

s-DSC06106.jpg

s-DSC06110.jpg

s-DSC06113.jpg

s-DSC06123.jpg

s-DSC06124.jpg

s-DSC06122.jpg
スポンサーサイト



東京都現代美術館(リニューアル・オープン)

場末のブログへようこそ。

3年間の大規模改修を終えて、リニューアルオープンをした東京都現代美術館へ行きました。
東京メトロ半蔵門線の清澄白河駅から徒歩で向かいました。

アライズコーヒーロースターズの前を通り...。
s-0545.jpg

ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェでひとやすみ。
s-0565.jpg

オールプレス・エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェの前を通り...。
s-0548.jpg

お久しぶりのMOTです。
s-0556.jpg

リニューアル・オープン記念展 MOTコレクション 第1期 ただいま/ はじめまして
s-0553.jpg

宮島達夫氏の"Keep Changing, Connect with Everything, Continue Forever"です。
煮え立つ鍋を見つめるような、超高層ビルの上層階の窓から見下ろす人込みのような。

六本木ヒルズけやき坂前にある"Counter Void"は消されて8年が経ちました。
3月11日に合わせて期間限定で再点灯を行っていたようです。

ワタクシ難しいことはよくわかりませんが、諸行無常や色即是空の一端を触れたように思いました。
s-0569.jpg

s-0571.jpg

s-0551.jpg

このあと、東京ミッドタウン日比谷でピスタチオやらスパークリングワインやらを買い込んで、日比谷公園に行きました。
s-0558.jpg

ピスタチオの殻が硬くて、可食部をポロポロと地面に落としてしまいました。
そして、お利口な鳩たちは、それを見逃しません。
ヒッチコック「鳥」状態になりかけまして、早歩きで逃げました。
s-0561.jpg

シャンパンでもなくカバやスプマンテでもなく、セブンイレブンで買った缶入りスパークリングワインでも充分に素敵な初夏の午後を過ごすことができました。
南カリフォルニア旅行以降、ワタクシの中で何かのスイッチが入った気配を感じています。
s-0564.jpg

チームラボ ボーダレス 東京・お台場

場末のブログへようこそ。

東京・豊洲にある「チームラボ プラネッツ」がとても楽しかったので、東京・お台場にある「チームラボ ボーダレス」にも遊びに行ってみました。

豊洲のプラネッツには比較的スムースに入館できた記憶があるのですが、お台場のボーダレスでは入館するための行列に並びました。
季節、曜日や時間帯などの条件があるのでしょうか。
s-0317.jpg

(ワタクシが訪れたタイミングだけではありますが)
お台場の方が豊洲よりも外国人観光客の割合が多いように感じました。

また、メラニア夫人と昭恵夫人が、チームラボ ボーダレスを訪問したというニュースを耳にしました。
s-0318.jpg

作品の詳細は公式ページ(https://borderless.teamlab.art/jp/)をご覧ください。

「牡丹孔雀」と「菊虎」
s-0319.jpg

「花と人の森、埋もれ失いそして生まれる」

つい先日からなのですが、ワタクシふとしたきっかけで、石黒浩教授による「人とは何か ~ アンドロイド研究から解き明かす」(NHKラジオ第2放送こころをよむ)のテキストをねる前に読み始めました。

で、少し飛躍します。
このような、入り込むことができる"現実みたいな場所"があり、そこに不気味の谷の先にある"人のような機械"が合わさると、それらはきっとワタクシたち一人一人が、ゴッホの絵の中に入り込むあの映画のような体験をすることができる"現実世界に設置されたVR装置"になりえるのではないかと考えました。
ある意味、究極のお化け屋敷ができるのかしらんと。
s-0320.jpg

「反転無分別」
s-0321.jpg

「境界のない群蝶、交わりが生命を生む」
s-0322.jpg

s-0324.jpg

「探し、遠ざかり、また 出会う」
s-0326.jpg

「地形の記憶」
s-0327.jpg

s-0328.jpg

s-0329.jpg

s-0330.jpg

「Black Waves - Continuous」
s-0331.jpg

EN TEA HOUSEでお茶を飲みました。
s-0332.jpg

s-0333.jpg

s-0337.jpg

トカゲに色を塗って放ちました。それをしばらく追いかけました。
s-0338.jpg

サンディエゴ航空宇宙博物館

場末のブログへようこそ。

ワタクシ、飛行機を見るとワクワクします。
以前に訪れたワシントンDCのスミソニアン国立航空宇宙博物館
シアトルのボーイング・エバレット工場(工場内は撮影禁止でした)で
撮った写真をご紹介したいと、かねてから考えておりました。

とりあえず、記憶の新しいところから始めることにしました。まずは、
サンディエゴ航空宇宙博物館(San Diego Air & Space Museum)です。
バルボア・パークの南端にあります。

正面入り口です。屋外には、世界最速の水上ジェット戦闘機の
試作機であるXF2Y-1と、A-12偵察機が静態展示されています。
s-0510.jpg

館内案内図です。反時計回りで時系列順となっています。
s-0527.jpg

サンディエゴにはアメリカ海軍第3艦隊の司令部あります。
展示も海軍関係が多いように感じました。
s-0528.jpg

s-0519.jpg

s-0520.jpg

F-4は、ベトナム戦争に赴いた海軍機としての展示のようでした。
s-0522.jpg

上野恩賜公園(東京都美術館・東京国立博物館); 蓬莱閣

場末のブログへようこそ。本記事は、上野恩賜公園の続編です。

ワタクシこの頃、若い頃は気に留めることが無かった季節の変化を感じることが
多くなりました。身体や心の調子に対して、環境がもつ影響を知るようになった
からだと思います。

春分・次候「桜始めて開く」。
お天気が良くて、体調が良くて、気分も良い休日は1年間に何回もありませんが
そんな日には、ぶらりと清澄白河やら上野へ行くことがあります。
春の日差しに誘われて、若冲めあてに東京都美術館へ行きました。
s-0452.jpg 
蓬莱閣でお昼ごはんです。景気付けに生ビールを飲みました。なんだかとても良い気分です。
s-0451.jpg 
開店直後の早目のランチでした。
s-0450.jpg 
まずは、東京都美術館から。s-0453.jpg 
気分が良かったので、トーハクにも行きました。
s-0454.jpg 
左が「トーハクくん」、右が「ユリノキちゃん」とのこと。s-0455.jpg 
東洋館別棟・ホテルオークラレストラン ゆりの木
本館をぐるりとまわり、コーヒーを飲みに行きました。
レジの前にあった「すだち岩塩キャンディー」がどうしても気になってしまい
衝動買いしました。あまじょっぱくて、不思議な飴なのでした。
s-0456.jpg 
法隆寺宝物館です。水盤がある景色に心安らぎます。
若葉をつけた柳の木を見ると、なぜかハイドパークを思い出します。
s-0459.jpg 
法隆寺宝物館1階の奥にある、ホテルオークラ ガーデンテラスです。
とびきり高品質な広報誌を眺めながら、ケーキを食べました。良い休日でした。
 s-0457.jpg

プロフィール

Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)

Author:Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)
場末のブログへようこそ。
旅日記ときどき買い物日記のブログです。
ワタクシ、飛行機を見るとワクワクします。お酒と雰囲気に呑まれます。美味しいものと楽しいことが大好きです。

近況報告です。
@koropan_swim

旧ブログ(2008~2013)です。
"FFP&FSPが気になるお年頃でして...。

検索フォーム