FC2ブログ

ホテル・デル・コロナド (ビクトリアン・ビルディング)

米国・サンディエゴにある、ホテル・デル・コロナドの続きです。

前回記事で、このホテルが1888年(明治21年)開業の木造のクラシックホテルだとご紹介致しました。このホテルには、ワタクシが宿泊したビクトリアン・ビルディングの他にも、オーシャンタワーやカリフォルニアカバナといった建物があります。

ビクトリアン・ビルディングの最上階である5階のお部屋でした。
お部屋の中央から、時計回りに写真を撮りました。
s-1216.jpg

奥のドアは、ウォークインクローゼットです。
s-1215.jpg

クローゼットのドアを開けたところです。
s-1152.jpg

(ペニンシュラ東京ほどではありませんが)十分な広さでした。
s-1151.jpg

s-1154.jpg

s-1153.jpg

リビングです。隠れてしまいましたが、右側にはライティングデスクがありました。
窓は左側がビーチで、正面は中庭でした。
s-1214.jpg

バスルームです。
s-1149.jpg

クラシックではありますが、よく手入れされていて清潔感がありました。
s-1155.jpg

バスタブの奥に、こんなスペースがありました。みなさん、どのようにお使いなのでしょうか。
ワタクシは、ビーチサンダルやら水着を洗った後の物干し場としました。
s-1150.jpg

余談ですが...。
帰国後に知ったのですが、このホテルには、お化けが住んでいる部屋があるとか。
ワタクシは怖がり...その方面には興味がありませんので、端折ります。
お好きな方は”del coronado ghost”などで、ご検索ください。
スポンサーサイト



ホテル・デル・コロナド・キュリオ・コレクションbyヒルトン サンディエゴ

場末のブログへようこそ。

南カリフォルニア旅行の続きです。
ニューポートビーチの知人宅からサンディエゴに戻ってからは、ホテル・デル・コロナド・キュリオ・コレクションbyヒルトン(ホテル名の表記はヒルトン公式ページによる)に滞在しました。

木造のクラシックホテルとして有名なこのホテルは、1888年(明治21年)に開業とのことでした。("Hotel Del Coronado". Precious.jp. https://precious.jp/articles/-/4856

ご参考までに本邦の木造クラシックホテルを調べてみますと、日光金谷ホテル本館の落成が1893年(明治26年)、軽井沢の三笠ホテルの開業が1906年(明治39年)ですので、それらと同年代の建築物であることがわかりました。
s-1198.jpg

車寄せからエントランスへ。
s-1202.jpg

s-1204.jpg

ビクトリアンビルディング内にあるロビーです。
s-1165.jpg

柱の数が多いのは、木造建築だからでしょうか。
s-1162.jpg

ロビーエレベータは手動でした。年配のエレベーター係さんが運転してくれました。
s-1185.jpg

s-1164.jpg

s-1159.jpg

s-1181.jpg

さらさらの砂が美しいコロナドビーチです。
s-1193.jpg

マリリンモンローが主演した"Some Like It Hot"(邦題:お熱いのがお好き)の撮影が行われたことでも有名です。
s-1187.jpg

最上階である5階のお部屋でしたので、上層階の音が気になることはありませんでした。
また、廊下からの音もワタクシは気になりませんでした。
s-1179.jpg

s-1160.jpg

s-1161.jpg

カールスバッドにあるパーク ハイアット アヴィアラ リゾートとこちらとで迷いましたが、空港へのアクセスを考えて、こちらを選びました。
s-1174.jpg

楽しみにしていたホテルでしたので、あちらこちらで写真を撮りました。
お部屋の写真などは、別記事にしてご紹介致します。

カタマラン リゾート ホテル アンド スパ ミッションビーチ・サンディエゴ

場末のブログへようこそ。

サンディエゴのミッションビーチにあるカタマランリゾートホテルアンドスパです。
オーシャンビューのお部屋に泊まりたくて、こちらを選びました。
s-0600.jpg

今回はタワーのお部屋を選びました。
s-0617.jpg

s-0594.jpg

s-0593.jpg

s-0595.jpg

s-0596.jpg

タワー棟のBay View Studioというお部屋でした。
s-0580.jpg

s-0582.jpg

s-0586.jpg

キッチンには調理器具、お皿やカトラリーなど一通りが揃っていました。
s-0585.jpg

浴室は可もなく不可もなく。
s-0584.jpg

s-0590.jpg

s-0592.jpg

s-0589.jpg

s-0588.jpg

歩いて数分のところに、Ralphsというスーパーマーケットがありました。
s-0602.jpg

飲み物やお菓子類、足りない洗面道具などを揃えました。
s-0604.jpg

地元のスーパーでも手に入るいつものKENDALL-JACKSONではありますが、せっかくお膝元まで来ましたので、ピノ・ノワールを1本買いました。ワタクシ難しいことはよくわかりませんが、これがいわゆる「損失回避の傾向」なのでしょうか...。
s-0606.jpg

そして、ミッションビーチです。底抜けの青空を期待して、ここまでやって来たのですが、ご覧の通りの曇り空でした。
s-0608.jpg

s-0611.jpg

s-0612.jpg

Ralphsからの帰り道にあった"World Famous"という、なんとも素晴らしい店名のレストランでお夕飯の予約をしてから、部屋に戻りました。買ったものを冷蔵庫につめ、着替えてからうかがいました。

眩い光でいっぱいの店内です。そして、ワタクシは窓の景色に吸い込まれました。
先程の雲が流れて、太平洋に沈む夕日が、まるで絵画のようでした。
s-0579.jpg

お仕事ヘトヘトで家族に伴われ、ここへたどり着いたワタクシは、お世辞にも良いコンディションとは言えませんでした。しかし、なんとも言えない心地よい雰囲気に包まれ、時間を忘れて家族との食事を楽しみました。
s-0621.jpg

ワタクシの中にある何かのスイッチが入ったことを感じました。
そしてまた、背伸びして初めて行った、七里ガ浜の珊瑚礁のことも思い出していました。
s-0630.jpg

ワインを飲んで、お夕飯をモリモリ食べました。
s-0577.jpg

ここへ来ることができた喜びを家族に伝え感謝しました。
s-0629.jpg

シーザース パレス(アブサンなど)

シーザースパレスの続きです。
s-DSC01452.jpg 
シーザースパレスの敷地内に、サーカスのテントが張られた一角があります。
「アブサン」というショーを見に行きました。18歳未満のご来場はご遠慮下さいとのこと。
s-DSC01449.jpg 
ガジリオネアさんとペニーさんのお下品漫談で、場内はめちゃくちゃ盛り上がりました。
そして、とにかく観客をいじり倒します。もちろん、パフォーマンスも素晴らしいものでした。
s-DSC01456.jpg 
s-DSC01462.jpg 
シーザース パレス内にある "Forum shop" です。
写真左側がルイヴィトン、右側がエルメネジルドゼニアでした。
s-DSC01464.jpg 
イル・ムリーノのラスベガス店が、Forum内にあるようです。
ずいぶん前に閉店してしまいましたが、六本木ヒルズにもありましたね。良い思い出です。
s-DSC01465.jpg 

シーザース パレス(オクタビウス・タワー)

十分な広さの客室でしたが、昼間はお仕事でカンファレンスセンターへ
夜はレストランやショーへ繰り出しますと、結局は寝に帰るだけの
お部屋になってしまいました。
s-DSC01445.jpg 

上のフロアーは、ちょうど改装中だったようですが、日中に部屋に戻ることが
ほとんどなかったため、難を逃れました。
s-DSC01444.jpg

s-DSC01443.jpg

水回りも清潔で、特に困ったこともありませんでした。
s-DSC01439.jpg

シャワーの水圧も、予想以上に良好でした。
s-DSC01438.jpg

s-DSC01437.jpg

s-DSC01436.jpg

プロフィール

Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)

Author:Vannelli (a.k.a.ころころぱんだまる)
場末のブログへようこそ。
旅日記ときどき買い物日記のブログです。
ワタクシ、飛行機を見るとワクワクします。お酒と雰囲気に呑まれます。美味しいものと楽しいことが大好きです。

近況報告です。
@koropan_swim

旧ブログ(2008~2013)です。
"FFP&FSPが気になるお年頃でして...。

検索フォーム